2013年03月04日

ゼロ円キャンプスクール南関編 第2回開催決定!

zerotitle.jpg


3月29日〜4月3日
ゼロ円キャンプスクール南関編 第2回開催決定!



●ゼロ円キャンプスクールとは…

原発事故の影響で不自由な生活を強いられている福島の子どもたちに、
自然豊かな熊本でのびのびと過ごしてもらおうという、参加費無料のキャンプスクールです。
2013年の春で4回目を迎え、南関町では昨年の夏に続いて2回目の開催となります。

全行程は5泊6日。福島から熊本までの交通費は、主催の「ゼロ円キャンプスクール実行委員会」が
負担しますが、子どもたちが滞在している間の移動費・食費等の費用は、
各受け入れ先(個人)のボランティアとなります。

この企画は、たくさんの方々の善意、協力により成り立っています。
南関町では有志で「ゼロ円キャンプスクール南関編実行委員会」を立ち上げ、
受け入れ先として活動していますが、子どもたちの滞在・保養をより充実させるために、
一人でも多くの方のご協力をお願いしたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ゼロ円キャンプスクール実行委員会 公式ホームページ
http://www.kumamoto-team.net/0camp/

ゼロ円キャンプスクール 公式ブログ
http://0camp.blogspot.jp/

-------------------------------------------

ゼロ円キャンプスクール南関編実行委員会
実行委員長 東しのぶ氏より

 福島の子供達のリフレッシュステイであるゼロ円キャンプスクール、
南関での開催は前回の2012年夏に続いて2回目となります。

 前回は近隣にある玉名牧場(玉名市三ツ川)、荒尾市のグリーンランドなどで思いっきり遊び、
また南関の図書館で宿題タイムを過ごしたりプール施設で泳いだり、
文化幼児園(南関)での流しそうめん大会もしたり…、
その他の食事も、地産の新鮮な野菜やお米をいっぱい食べました。
子供達は沢山の思い出を作って、水、空気、土の綺麗なこの場所に「また来たいです!」
そう言って帰っていきました。

 子供達は外遊びの時間も制限され、外に出ていてもどこが汚染されていて
どこが汚染されていないかも知らされないままそこで毎日の生活を送っています。
実際に一緒に時間を過ごして実感しました。
子供達は2011年3月11日から、もう2年も、そうした我慢やストレスの中で、
テレビやゲームを家でするのが「遊び」の基本となっているために、体力もあまりありません。
多くの子供が、日焼けせず、とても白い肌です。
でもそれは、子供達が望んだことではないんです。

 放射能汚染の影響を明らかに感じてはいても、引越しや移住は、
農家が多くその土地と密接に生きてきた人々にとって非常に過酷な選択です。
でも、そこで子供を育て続けることが困難だと感じ、苦しんでいる大人達は大勢います。

 そこでこの、長期間の休みを利用した保養キャンプがとても重要なのです。
子供達の大好きなレジャー施設もあり、豊かな自然に恵まれ、
美味しくて身体が元気になれる食材もいっぱいあるこの南関・玉名・荒尾での
「福島キッズ保養キャンプ」をぜひ成功させたいと思っています。
 どうか皆さん、お力を貸してください。

-------------------------------------------


春のゼロ円キャンプが開催されることとなり、南関町でも昨夏に続いて受け入れが決定しました!
今回もフライヤー作成のお手伝いをさせていただきましたが、
本当に、大切なことに関わらせてもらっているんだなあと、あらためて考えました。

大牟田や荒尾で生活していると、放射能や原発の問題は他人事のように感じてる方が多いのでは、
と思うことがとても多いです。
もちろんそれは福島からかなりの距離があることがひとつの理由でしょう。
でも一番の理由は、この地域が安全だからだと思います。
昨年の水害の時も特に大きな被害がなかったように、地震や天災の被害が比較的少ないのです。
そのため、どこかノンビリした気質で「ピンとこない人」が多いような気がします。
でもそれって、今の日本全体から考えればとても幸せなことなんです。
呼吸する空気や飲み水が比較的安全である、汚染の危険性が低い安全な食べ物が手に入りやすいというのは
すごく恵まれているんです。

九州に住む私たちが知らず知らずに受けている恩恵を、少しでもいいから
福島の子どもたちとシェアしませんか。
ゼロ円キャンプを初めとする「保養プログラム」に協力する、というのはそういうことかなあと思います。
支援金のカンパや支援物資の提供など、ぜひとも宜しくお願いいたします。

そしてなによりゼロ円キャンプのことを知って欲しいのです。
福島のこと、原発のこと、放射能のことを考えて欲しい。
日本に住む私たちは、全員が当事者なんです。
どうぞよろしくお願いします。

LOVECHA☆(たむたむ)

※ブログの記事なので、南関編実行委員会の連絡先は掲載しませんでした。
 連絡をとりたい、チラシが欲しい、という方はメールをください。
 mnkmyfy@gmail.com
posted by たむたむ at 01:50| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少しですが、街頭募金に協力させていただきました。ゼロキャンがこれからも続いていくことを願っています。もっともっとたくさんの人に知ってほしいですね。
Posted by くまもん at 2013年04月28日 17:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/341798748

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。